介護職員を募集しています。

 

「ケアタウン光の森」を紹介します。

「ケアタウン光の森」は、
熊本県菊陽町光の森地区に平成28年12月に開設した新しい地域密着型特別養護老人ホームです。
近隣には、ゆめタウン光の森(700m)、JR三里木駅(500m)、JR光の森駅(900m)があり、
仕事だけでなく生活にも便利な地域にあり、働きやすい職場環境です。

施設は、四季の花をイメージし3ユニット(さくら・ひまわり・こすもす)で構成されています。
私たちは、入居者様お一人おひとりに向き合い、各々の入居者様にふさわしいケアの提供を心がけています。
職員一人ひとりが働く環境についても業務の負担軽減やモチベーションアップにつながる取り組みを積極的に進めています。

 

しばらく、介護の仕事をしていない方も安心して働けます

「介護の仕事をしばらくしていない」
「介護の資格は持っているけど経験がない」という方も働きやすい環境です。
また、介護の経験がない方でも、「介護に興味があるという気持ち」や「介護の仕事が好きという気持ち」がある方も、ぜひご相談ください。

最初は、先輩の職員がしっかりとフォローしながら仕事を教えていきますので働きながら資格を取ったり、仕事を覚えることができます。
夜勤は、いきなり夜勤をお任せするわけではなく日中の時間帯で十分に慣れてからお任せする形となりますので安心してください。
ブランクがある方も、経験がない方と同様にしっかりとお教えしていきますので仕事の感覚を取り戻しながら、安心して働くことができます。

ケアタウン光の森では、幅広い年齢層のスタッフが日々協力しながら助け合って働いています。
新しく入っていただくスタッフさんにも親切丁寧に指導しており、最初は分からない事が多いと思いますが安心して働ける職場環境です。
皆様のご応募を、お待ちしています!

 

ケアタウン光の森の、安心・安全のケアの取り組みをご紹介します!

1.介護ロボット「眠りSCAN」を導入しています

入居者様の安心と安全を確保するために、
離れた場所から、居室にいらっしゃる入居者様の体動・睡眠状態を把握できる介護支援ロボット「眠りSCAN(見守り支援システム)」を導入しています。
眠りSCANの導入により、
①入居者様の睡眠パターンが正確に把握できるようになります。入居者様個別の生活リズムに合わせたケアが提供できるようになります。
②入居者様のベッド上の状況がスタッフの詰め所などから正確に把握できます。入居者様の個室訪室のタイミングがつかみやすくなります(訪室は必要な場合のみで済みます)。
③入居者様の睡眠・臥床・離床の状況を正確に素早く把握できますので、入居者様の転倒転落のリスクを減らすことができます。
④入居者様の快適で安全な生活を確保することができるようになっただけでなく、職員の介護負担の軽減も同時に実現できるようになりました。

https://caretown-hikari.or.jp/work-blog/介護ロボット

2.チェアインバスを導入しています

入浴ケアは、介護職員の介護負担が大きいだけでなく、浴室内は石鹸で滑りやすいく入浴ケア中はスタッフ2人でも危険が伴う場面があります。
ケアタウン光の森では、入浴ケア専用の電動リフトキャリーを導入しています。電動リフトキャリーの導入・使用により、入居者様の身体への負担が少なく、お一人ずつ安全に心地よく入浴できると、とても好評です(^^)
介護職員自身も安全に入浴ケアを行えるようになり、職員の心身の負担軽減にも役立っています!

3.ケア記録のICT化を進めています

ケア記録は、紙の帳票を使用しない『電子ケアカルテ・システム(ほのぼの介護システム)』を導入・使用しています。システム導入により、ケア記録の効率化と職員間の情報共有が可能になりました。
ケアタウン光の森では、電子ケアカルテ・システム上で、ケアプランや24Hシート、実施記録等を有効に活用しケアの質の向上に努めています。

…ぜひ、一度見学にいらっしゃいませんか。
お気軽にお問い合せください。

《ケアタウウン光の森》    担当: 竹園  田中 ℡ 096-273-8686